株式会社アヴァンティ(Piu-Avanti)

会社方針

弊社の仕事に対する姿勢や考え方です。

長文ですが、興味がありましたらご覧下さい。


【仕事は個人のスキルで成り立っている】

仕事を依頼する際、お客様は依頼先を「会社の規模」で選択しているのでしょうか?

確かに、初めての付き合いとなる会社の場合は「規模が大きい=信頼できる」という判断をするかもしれません。
しかし、一度でも付き合いがあれば、その会社がどれくらいの仕事をしてくれるのか、つまりどの程度「過去の仕事の成果に満足しているのか」を元に、再びその会社に仕事を依頼するか、依頼しないかを判断していると思います。

さて、この「過去の仕事の成果」ですが、これは同じ会社に依頼すれば、再度同じような成果を得ることができるのでしょうか?

答えは NO でしょう。

同じ会社に依頼したとしても、実際に仕事を担当した部門や人が異なれば、成果は必ず違ってきます。
つまり、仕事の成果は「誰がその仕事を担当したか」に左右されるのです。

大抵の企業において、「誰が担当しても同じ成果が達成できること」を目標に、マネージメントシステムの構築や、人材育成がおこなわれていますが、それは「高い能力を持つ者が、最大限度その能力を発揮することを阻害」し、かつ「適性が無い者にも無理な成果を要求」することになっています。
このような状況では、仕事の質は必然的に低下してしまいます。

弊社では、「仕事は各個人のスキルによって成り立っている」という考え方の元、各個人の能力を最大限発揮できるような環境を整えることに注力しています。


【甘言だけで仕事は成り立たない】

誰しも耳に心地よい言葉だけを聴いて過ごすことができるなら、楽しく、気楽な毎日を送ることができるでしょう。

確かに、お客様にとって不都合な事象や、見たくない事象を明示されるのは不愉快なことではありますが、それを避けた場合に有益な結果を得ることはできるでしょうか?

答えは NO でしょう。

仕事をおこなう上では現状を正しく認識し、問題は早期に発見し、然るべき対処を早急に実施することが必要とされます。
問題から目を背けたのでは、仕事の成果は思ったようなものにはならないでしょう。

弊社では、お客様に苦言を呈することも必要と考えています。


【物事の本質を見極める】

システム構築やシステム更改は、お客様の要望に沿うように作業を実施していきます。

確かに、お客様の「言う通り」にシステムを構築すれば、お客様は構築の段階では満足するかもしれません。
しかし、そのシステムを「実際に利用した」時に、果たしてその満足感は持続するでしょうか?

答えは NO でしょう。

お客様は「現に抱えている問題の解決」を求めていますが、実際のところお客様の認識している「問題」とは、事象の結果として表面に現れている一部に過ぎず、正確にその事象を捉えていないものがほとんどです。
つまり、問題を根本から解決するには至っていないために、折角のシステム構築やシステム更改という投資も「あまり成果が挙がらない」という結果となってしまっているのです。

弊社では、その問題が「何故発生しているのか?」という事象の本質を捉え、その対策を明示するとともに、必要な投資は「必要である」と、不要な投資は「不要である」と提言するようにしています。


【信頼できるパートナーであること】

上記3点を実施することで、弊社がお客様の信頼できるパートナーであるよう、日々努力を続けています。