ブログ

2020.09.24

CiscoルータのSNMPのエラー

 こんにちは、アヴァンティのKRです。

昨日、YAMAHA RTX1210をCisco921Jに交換したという話を書きました。
そのCisco921Jなんですが、SNMPでステータスが取得できないという障害に見舞われました。
ルータのログを見てみると

%SNMP-3-INPUT_QFULL_ERR: Packet dropped due to input queue full

というエラーが延々と記録されています。
なんじゃこりゃ、初めて見たぞと思って調べてみましたが、英語のCiscoのナレッジページに

IOSのバグじゃないのか
SNMPの設定をやり直したら解決した

という話が書いてあるくらいでした。
日本語のページでは情報が見付けられなかったのですが、またレアケースにでもぶつかったのだろうかと思いつつ、もう少し調べてみると、やはり英語のCiscoのナレッジに

show snmpを実行してみろ
SNMP Engineのqueueがmax「1」になってるから、溢れるのは当然だ


と書いてありました。
「そんな馬鹿なことがある訳ないだろうに」と思いつつ、Cisco921Jでshow snmpを実行すると確かに

SNMP Engine:
   queue 0/1 (current/max), 1375 dropped

キューはmax「1」になっていて、ドロップ(つまりキュー溢れ)がカウントされていました。
ちなみに、Cisco921Jの前のモデルのCisco841Mも、その前のCisco892Jもshow snmpの出力結果は

SNMP Engine:
   queue 0/1000 (current/max), 0 dropped

このようにキューはmax「1000」になっており、当然ながらドロップなど一つもカウントされていません。
そりゃ、キューが「1」しかないのであれば、ログのメッセージの通りにキューが溢れるのは当然ですよね。
どうしてデフォルト設定がこうなってしまったのかは判りませんが、これじゃ使い物になりません。

snmp-server queue-limit engine 1000

でキューの最大数を「1000」に変更しました。
以降、SNMPのステータスが取得できないとか、キューが溢れるといったことは起らなくなりました。
Cisco800シリーズがCisco900シリーズになって単に仕様が変わっただけなのか、バグなのか、どちらなんでしょうね。

しかし、日本語での情報が見当たらないというのは、どういうことなんでしょうか。
みんな「SNMPなんて使っていない」ということなのか、それとも「こんなの常識だろう」ということなのか?
それとも単に、私の検索のやり方がマズいだけですかね??

2020.09.23

YAMAHAルータからCiscoルータへの変更

こんにちは、アヴァンティのKRです。

前回投稿したCloud VPNの障害から2ヶ月が経過しました。
前回、障害が発生したのが4連休で、今回も同じく4連休なので、また何か問題が発生するんじゃないかと思って身構えていましたが、特に何も起こりませんでした。
ついでとばかりに関東に向かってきていた台風12号も上陸コースから逸れ、平穏無事な4連休を過ごすことができました。
何も起こらないのはとても良いことで、それが普通であるべきだと思うのですが、「絶対に何か起こるぞ」と身構えていた分、拍子抜けしてしまいました。
今後も、この調子で何も起こらないでいてくれると良いのですが。

さてさて、GCPのCloud VPNの障害ですが、その後、特にご報告できるようなことは何もありませんでした。

YAMAHAルータのIKEをv1に変更したらVPNが接続できて通信可能となったが、暫くしたらまたVPNが切断されて通信できなくなった

という話をネットで見かけましたが、私の所ではそういうことはなく、IKEv1で問題なく通信できていました。
ただ、

Googleに問い合わせても
「Cloud VPN側では何も変更していません」
「YAMAHAはIKEv2でのVPN接続についてはYAMAHAルータ同士の接続しかサポートできないと言っているので(本当か?)、何のサポートもできません」

YAMAHAに問い合わせても
「Cloud VPNはサポート対象外なので、何も回答できません」

という回答だったので、YAMAHAルータに見切りをつけて、使用するのを止めることにしました。

「YAMAHAルータの使用頻度が高いから」という理由で選択しただけであって、YAMAHAルータでなければならないという訳ではありませんからね。
今は問題なく通信できているとはいえ、この状態がいつまで続いてくれるか判りませんし、GCPもYAMAHAも何もサポートできないということであるなら、ここは素直に使用を止めるのが一番だと思います。
とことん追求して原因が何なのかを解明すればYAMAHAに褒めてもらえるかもしれませんが、そこまでする義理もないですし、避けられる厄介事なら避けて通るべきでしょう。
ということで、YAMAHA RTX1210をCisco921Jに入れ替えました。
今の所、特に何の問題もなく通信できています。

Cisco921Jは筐体がコンパクトで良いですね、気に入りました。
ただ、電源がACアダプターで設置時に邪魔になるというのは前モデルのCisco841M同様なので、できればCisco1812Jみたいな内蔵電源に戻して欲しいところですが、ここまで筐体がスリムだとそういう訳にもいかなさそうです。
本体にACアダプタを固定できるようにしてくれるとか、せめてラックマウントキットにACアダプタの固定機能があれば有難いのですが、あれはどう設置するのが正解なんでしょうか??
いつもキッティングの際に悩んでしまいます。
Cisco921JではACアダプタが小型、軽量化されたので、電源ケーブルのテンションで簡単にあっちこっちに行ってしまうので、少々始末が悪いです。

ちなみに、私はCiscoルータのVPNの設定はcrypt mapではなくVTI(Virtual Tunnel Interface)を使う派なのですが、これって少数派なのでしょうか??
ネット上で設定例などを探してみてもVTIを使ったものを先ず見ないですし、自社の人間に尋ねてみてもcrypt mapを使う派ばかりでした。
それどころか、「VTIなんてものがあるんですね、初めて知りました」とか言われる始末です。
普段YAMAHAを使っている人には、crypt mapよりVTIの方が判り易いと思うんですけどねぇ。
VTIのConfigを公開して、布教活動でもしようかしらと思ってしまいました。
(どうしても見たいという奇特な方がいらっしゃったら、問い合わせフォームからリクエストを送ってくれたら公開するかもしれません)

2020.07.24

Cloud VPNの障害

こんにちは、アヴァンティのKRです。

四連休ですが、大変な目に会っていました。
GoogleのクラウドサービスであるGCPを利用しているのですが、22日(水)にGCPと接続しているVPNの一つが切断されて通信できなくなりました。
調べてみると、Cloud VPN側では「MAC mismatched」というエラーが出ており、GCPと接続しているこちら側のYAMAHAルータではSAが山のように増え続けて「inhibited rekey」というエラーを出していました。

MACってなんじゃ??
MACアドレスか?

と、ネットワーク屋の私は思いましたがそうではなく、メッセージ認証コード(Message Authentication Code)の略のようです。
つまり、事前共有鍵が一致していないと言われている訳ですね。

とはいえ、もうかれこれ半年くらい前から接続しっ放しのVPNで、かつ何も設定変更などはしていないのに、なんで急に事前共有鍵が一致しなくなるのか、意味が判りません。
もしかしてYAMAHAルータが壊れたのではなかろうかと思い、YAMAHAルータを予備機と交換してみましたが症状は変わらず。

お手上げなので、連休が明けたら真剣に調べようとか思っていたら、23日(木・祝)には別のVPNが切断されて通信できなくなりました。
症状は前日に発生したものとまったく同じです。
これはヤバいぞと思っていたら、24日(金・祝)にも別のVPNが切断され、気が付けばVPNは全滅していました。
GCP上のサーバとまったく通信できずです。

あーでもない、こーでもないと試してみて、最終的にIKEをv2からv1に変更したら接続できるようになりました。
同じように、ここ数日で急にCloud VPNが接続できなくなったという人がいたら、IKEをv1に変更してみて下さい。

こちら側のルータは何も設定変更しておらず、ずーっとフツーに接続できていたのに急に接続できなくなるということは、22日以降にGCP側で何らかの変更があったとしか思えないんですよね。
クラウドというのは自前の設備と違って自分ですべてをコントロールすることができないので、個人的にはあまり好きではないのですが、まさにこの「自分でコントロールできない」という、なんだかよくわからないモノ感が非常に強く出た障害な気がします。
少なくとも、こちらは何一つとして変えていないのですから。

結局のところ、何が原因なのかはハッキリしませんし、今は通信できているとしても、いつまた通信できなくなるか判らないという不安を抱えたままです。
知らない間に何かが勝手に変わっているというのはとても気持ちが悪いです。
ほんと、何が起こっているのかまったく判らないのですから、闇ですよ、闇。
手放しでクラウドを礼賛するのは止めた方が良いと、心底思う出来事でした。

2020.06.19

テレワーク その後

こんにちは、アヴァンティのKRです。


緊急事態宣言が解除され、東京都の休業要請も全面解除となりました。
ステップ3に進んで休業要請が緩和された週明け初日の6月15日(月)から「通常出勤になりました」という会社も多く、テレワークはやはり定着しそうにないなという印象を受けています。
アフターコロナとか、ウィズコロナとか言っていますが、そんなものはどこ吹く風で、来週6月22日(月)からは何事もなかったかのように元に戻ってしまうんじゃないでしょうか。
感染者が社内から出なければ「通常通り」で良いのかもしれませんが、もし感染者が出たりしたら、隔離だの入院だので仕事どころじゃなくなるのですが、そういう会社はその辺りをどう考えているのでしょうか。
仕事ができないという人が何人、何十人と出ても、別に何の影響もないってことなんでしょうか。


アヴァンティでは社員同士が直接対面することがないようにしています。
自社の打ち合わせはすべてオンラインで実施しています。
事業所も、月に1、2回程度荷物の出し入れに行くだけで、誰も出社していません。
打ち合わせで人が出入りすることもなくなりました。
こんな状態なので、残念ながら新年会も、社員旅行も中止となりました。
この調子だと、暑気払いも中止となるでしょうし、忘年会もできないかもしれません。
「過度の自粛で経済が~」
と言う人がいますが、うちみたいな零細企業に感染者が出て
「濃厚接触の可能性があるので、社員全員自宅待機して下さい」
と言われて仕事ができなくなったら、間違いなく会社は潰れます。
社員全員の生活が立ち行かなくなるんですよ。
「出た、自粛警察!」
とか言っている人は感染したら何が起こるのかをもう少し真剣に考えた方が良いと思います。

あなたが超巨大企業にお勤めなのか、ニートなのかは判りませんが、何れにしても感染したところで何も困らない立場なのでしょうけれども、我々は感染すると物凄く困るんです。

自粛とかではなく、何を優先するかという話です。
自分が困らないからといって、無責任なことを言うのは止めて欲しいものです。

あ、これはあくまで私の考えであって、この考えを他人に強要しようとは思いません。
別に、経済を活性化させるために飲み歩くという人は、その信念に従って勝手にすれば良いと思います。
飲み歩く人に思想と信条と行動の自由があるように、私にも思想と信条と行動の自由がありますので、私は飲み歩く人と仲良くはしません。
ただ、そういう人をわざわざ捕まえて、飲み歩くなとか言うつもりもありません。
イイ歳をした大人なんですから、自分で考えて好きなようにすれば良いんです。

ということで、私は可能な限り自宅に籠ります。
と言っても、新型コロナウイルスが流行する前からテレワークでしたので、実のところ特に変化はないのですが。

2020.05.11

テレワーク

 こんにちは、アヴァンティのKRです。

新型コロナウイルス感染対策で、仕事は在宅でのテレワークとなり、打ち合わせはWEB会議で実施するという会社が一気に増えました。
緊急事態宣言の延長と、コロナ対策の長期化を受けて、こういったテレワークは今後も続きそうな状況です。
そこで思うのは‥‥

やっと時代が私に追い付いたか」ということでしょうか。

何を言っているのかというと、私は前職でコンサルタントモドキの仕事をやっていた時から、デスクで仕事をしていなかったんですよね。
出社してもデスクで仕事をせずにカフェに行って資料書きをやって、そのまま何時間もデスクに戻らないとかザラでした。
思索は一人でやりますし、資料書きも一人でやります。
同僚との仕事上の話はメールで片付きます。
急ぎの用事があれば、携帯に電話すれば事足ります。
当時はWEB会議なんてものはなかったので、たまのミーティングは会議室に行って直接顔を合わせて話をする必要がありましたが、それ以外ではオフィスに行く必要性がほぼありませんでした。

それなのに、片道90分かけて通勤する訳ですから、往復の3時間が無駄としか思えませんでした。
朝夕のラッシュ時の満員電車だってストレスです。

しかし、上司には「なんでいつもデスクにいないんだ」と言われ、同僚には「デスクにいないから仕事をしていない」とか言われる訳ですよ。

まったくもってして意味不明です。

先ず、何故デスクにいないといけないのか?
次に、何故デスクに座っていないと仕事をしていないことになるのか?

そこに行くことでお金を貰えるのなら行きますけれど、「オフィスに行くこと」は仕事ではないんですよ。
また、「デスクに座っていること」も仕事ではないです。
仕事というのは、結果を出して成果を上げてナンボです。
オフィスに通っても、デスクに座っていても、成果は何も積み上がりません。
そんなことに対して誰もお金を払ってはくれないです。
それなのに、必要もないのにオフィスに行ってデスクに座っていないといけないなんて、無駄で無意味で非効率以外の何物でもありません。

なので、アヴァンティという会社は

やることさえきちんとやっていて、顧客がその成果に満足しているのであれば、どこでどう仕事をやろうが個人の勝手

と謳っています。
ただ、これを言うと、怪訝な顔をする人が多かったんですよ。

オフィスに出社しないなんて信じられない!

と言われたものです。
「おかしな会社だ」と言われたこともありました。
う~ん、そんなにみんな、用が無くてもオフィスに行きたいものなんでしょうか?

今回のテレワーク云々は、アヴァンティとしては「別に通常運転ですよね?」という感じなんですが、他の会社はコロナ騒動が収まったらテレワークをやらなくなってしまうのでしょうか。
無駄を省いてもっと効率良く仕事しようよ、と思うんですけれども。

ちなみに、テレワークの秘訣ですが、それは「快適な自宅」があることです。
家から一歩も出たくなくなるくらいの環境を用意するのが理想ですね。
住環境の整備には手間暇時間とお金を惜しむべきではないです。
海老名は田舎で良いところですよ(笑)

カレンダー

«9月»
  1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30    

ブログ内検索

ページトップへ